01.21
    Thu


    金魚はビードロの中でしか生きられない。
    金魚は川に帰ったら三代でフナに返る。美しくいられるのもビードロの中だけ。

    印象的な台詞、さくらんの台詞です。

    この記事で触れた → 
    観ました「さくらん」。 さくらんの重要なキーワードとは「金魚」でした。
    ビードロを吉原に、金魚を遊女に譬えているのですね。
    ビードロの中でしか生きられない金魚。それを描いたのが映画「さくらん」です。

    金魚は、フナを観賞用にと交配を重ねた結果生まれた観賞魚です。
    金魚まつりで撮影したひらひらの鰭の金魚の写真がありましたので、蜷川実花風に加工。
    今回も薔薇の写真3枚を重ねてあります。

    数日前から「マイガール」を何度も何度も繰り返し見ています。(録画したTVドラマ)
    主人公はカメラマンのアシスタントをしながら、子供を育てています。
    突然眼の前から消えてしまった愛する人が、密かに産み育てていた子供。
    突然の事故で亡くなってしまった愛する人の子供。
    不器用ながら、仕事と子育てと... 少しずつパパになっていく主人公に... 感情移入しているわけではなくて...
    多分、そのTVドラマを見ていた時期の自分の生活が思い出されるからだと思うけど、涙が出て、何度も見てしまいます。

    そんな事って、ないですか?


    関連記事

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.

    comment 0 trackback 0
    トラックバックURL
    http://phototothedream.blog.fc2.com/tb.php/88-e1a591b0
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する
     
    back-to-top