01.07
    Thu


    さっきまで秘密のケンミンSHOWを見ていたのだけど... 埼玉県民と千葉県民の闘いがおもしろ過ぎてー、大笑い。
    茨城県民と栃木県民と群馬県民は、埼玉県押しだそーな。
    応援されてるよ、全国魅力ランキング44位、埼玉がんばれー。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    きょうの画像は南天です。
    南天って、おめでたいイメージですよね。
    「難転」、「難を転ずる」に通じることから縁起の良い木とされ、赤い色にも縁起が良く厄除けの力があると信じられ慶事に用いられるようになったそうです。

    花言葉は、「私の愛は増すばかり」「機知に富む」「福をなす」「よい家庭」

      赤い実: 「幸せ」「私の愛は増すばかり」「よき家庭」
      白い実: 「深すぎる愛」「機知に富む」「募る愛」

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    ことしもテレビにかじりついて見てました。
    ぼろぼろ涙をこぼしながら見てました。
    2日、3日は、箱根駅伝を見るのが定番な我が家です。

    「感動をありがとう」なんて言いません。思ったこともありません。
    涙をこぼしながら、自分も頑張らないと... そう思います。
    そう思わせてくれるから、箱根駅伝が好きなのかもしれません。

    よく、人生は登山に例えられることがあるけれど、駅伝もそんな感じがします。
    わたし自身は、自分の為だけの人生なら、太く短く生きる人生になるかもしれないと思っています。けれど、自分一人で生きているわけではない事を知っているし、たくさんの人に生かされているのだとも思うし。という事は、わたしに生かされている人もいるという事で... 簡単に人生を終えるわけにはいかないですよね。

    先にも書いた通り、わたし一人の人生なら、テキトーにお腹を満たして、寝るのも惜しんでやりたい事をやって、好きな事をして、めちゃくちゃ生きてしまいそうになる。
    でも、先はまだ長いから。ことしも鈍行の旅を楽しもうと思います。



    関連記事

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.

    comment 2 trackback 0
    トラックバックURL
    http://phototothedream.blog.fc2.com/tb.php/78-1aaf82eb
    トラックバック
    コメント
    こんばんはぁ~♪
    冬の日没は早いですねぇ~
    もう真っ暗です。
    そちらはいかがですか。

    キレイな写真ですねぇ
    緑と赤、そしてブルーの空・・・
    南天ですか。
    南天に白い実があるって、最近知りました。
    花言葉も赤と白では違うんですね。

    わたしも「箱根駅伝」見ましたよ。
    “がんばれる” いいですねぇ~
    若さでしょうか。
    ちょとうらやましくもあります。
    2016年、始まったばかり。
    今年はわたしも少しはがんばろうかしら・・・
    と。思っているところです。
    くぅ | 2016.01.08 17:57 | 編集
    くぅさん こんばんは♫

    冬は暗くなるの早いですねぇ。
    でも、少しづつだけれど、日が長くなってきていますよねぇ。
    夕方5時前後に休憩で外に出るのだけれど、
    毎日その変化を感じています ^^

    白い南天はわたしも1度しか見た事がなくて、
    あまり見かけないから、知らない人も多いですよねぇ、きっと。
    お花の花言葉は色によって違ったりするけれど、
    実も色によって違うのですね... というか、
    花言葉なのに、実? (✿→艸←)

    くぅさんも「箱根駅伝」を見られましたか ^^
    わたしは見るようになってまだ数年なのですが、
    すっかりはまってしまいました。
    根が単純なのかもしれません。
    実況中継で選手の乗り越えてきた壁の話しなどを聞くと
    わたしも頑張らなくちゃと思ってしまいます ( ̄▽ ̄;)

    頑張る事なく、自然体で生きる生き方も素敵だと思います。
    雄大な自然の前では、わたしも自然体でいられるような気がします。

    コメントありがとうございました ^^

    空音。 | 2016.01.08 22:32 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する
     
    back-to-top