11.24
    Tue



    ヒメツルソバの季節がやってきました。
    本来は花期は5月頃から秋にかけてだそうですが、真夏には花が途絶えるので、今が季節だと感じるのかもしれません。

    もう使われていないような建物の門扉の前に広がっていたヒメツルソバです。
    この下はアスファルトです。
    ヒメツルソバは匍匐性なので、近くの土から芽を出し、どんどん広がってアスファルトの上までも。

    強いのですよ。

    こんな丸くて、ちっちゃくて、かわいいのにね。

    タデ科の植物の一種だそうで、それで納得です。
    ヒメツルソバは1つのお花が球状に集まって出来た集合花ですが、その1つのお花が似ているのです。
    タデの花に。
    タデの花は、穂のように集まっていますね。

    タデの仲間ということで、もともとは雑草なのでしょうか。
    それならば、この繁殖力の強さにもうなづけます。

    放っておくとお庭を占拠されてしまうぐらい繁殖力が強くて、お庭にあまり手をかけてあげられなくなったので、今年は夏に一掃してしまいました。
    それでも今お庭には、ヒメツルソバの桃色が、ちらほらと見えています。
    そう、またこうやって顔を出すのを知っていて一掃したのでした。

    お薦めですよ、グラウンドカバーとして。
    ちょっと勢力が強くなったなと思ったら、何も考えずに引っこ抜くだけです。
    ちょっとしたら、またいい感じで顔を出してきてくれます。

    画像はオートン効果をかけてあります。
    Elementsでオートン風。を参照してください。



    関連記事

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.

    comment 0
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する
     
    back-to-top