07.28
    Fri
    鈴木英人風。3
    鈴木英人風。3 posted by (C)空音。


    英人風に加工する方法については、自分の中では一応結論は出たつもりでいたけれど、
    やっぱり、いろいろと、探ってしまいます。

    ↓ 今回の元画像です。

    鈴木英人風。3 元画像

    Photoshopの機能をいろいろと試してみて、絶対はずせないのは、カットアウト輪郭検出
    英人さんのべた塗り感英人さんが選ぶ色アウトラインの出し方に、
    より近づける為にはずせない。
    でも苦労するのは、
    カットアウトをかけた時に、画像によってはうまくべた塗りしてくれなくて、
    似た色が隣り合っていると一体化してしまう所なんですね。
    それをどうにか出来ないものかと、ずっと考えているわけでして。
    前回書いたとおり、カットアウトをかけた結果を見て、
    部分的に、シャープ補正や色被り補正をすればいいかと思ったのですが、
    やっぱり大変で。

    エッジを強調すればいいのかと思いいろいろやってみても、どれも違う。
    絶望的に思えたけれど、良い方法が見つかったのです。
    何枚も、何枚も、試してみました。

    スマートシャープ彩度調整をうまく使うと、
    100%満足とはいかなくとも、かなり満足できる結果を得られると確信しています。

    どちらもかなり強めにかけるのだけれど、彩度調整は自然な彩度を使います。
    カットアウトの結果を見ながら強めていって、Maxでも駄目な場合は彩度調整で。
    それから、スマートシャープはノイズ除去をしてくれるので、
    それによってもベタな感じが出ているのではないかと想像します。

    ↓ シャドウ・ハイライト、レベル補正、自然な彩度、スマートシャープで補正したものです。
    これ以降の画像はフォト蔵へ飛んでいただくと1500×999pxのサイズでご覧いただけます。

    鈴木英人風。3 過程1
    鈴木英人風。3 過程1 posted by (C)空音。

    ↓ カットアウトをかけました。

    鈴木英人風。3 過程2
    鈴木英人風。3 過程2 posted by (C)空音。

    ↓ カットアウトをかけた後複製し、輪郭検出しました。

    鈴木英人風。3 過程3
    鈴木英人風。3 過程3 posted by (C)空音。

    ↓ 描画モード乗算で重ねました。

    鈴木英人風。3 過程4
    鈴木英人風。3 過程4 posted by (C)空音。

    ↓ ラインが濃すぎるので、輪郭検出したレイヤーの不透明度を61%に下げました。

    鈴木英人風。3 過程5
    鈴木英人風。3 過程5 posted by (C)空音。

    ↓ レベル補正で調整しました。

    鈴木英人風。3 過程6
    鈴木英人風。3 過程6 posted by (C)空音。

    メイン部分はしっかりとラインを出したいけれど、
    強く出てほしくない部分もあり、
    輪郭検出したレイヤーにマスクをかけ、ラインの出方を調整しました。
    その後の画像が1枚目、Finishです。

    結論。
    カットアウトをかける前の元画像の調整が肝なんですね。

    関連記事

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.

    comment 0 trackback 0
    トラックバックURL
    http://phototothedream.blog.fc2.com/tb.php/312-1190b636
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する
     
    back-to-top