05.26
    Fri
    猛獣使い2


    今回は女性と虎の2枚のフリー素材を合成、背景はテキトーに自分で作りましたよー。
    白抜きは、髪の毛も難しいけれど、レースのように向こうが透けているような素材が難しい。
    どうしたらいいん? ほんとに、まだまだですなぁ... ヽ(o_ _)o

    とか、言いながらここで考えていると、
    なんか、こうしてみれば? 的なことが思い浮かぶから不思議だよ (✿→艸←)
    今度やってみる。てか、この後修正して画像入れ替えるよ。

    またつまらない物を作っちゃいましたね。
    でも、ちゃんとタイトルも考えてあるんですよ。
    「わたしは猛獣使い」 (✿→艸←) 
    でも、わたしは猛獣使いではありません ( ̄▽ ̄;)

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    さて、きょうの本題です。
    BOOKOFFに通い詰めていた事があるの。
    Elementsから始まって、Inkscape、Illustratorと、
    独学で勉強する身としては、マニュアル本とかアイディア本とか、
    ついつい、手にしたくなるのですよね。
    次々欲しくなるのにそれ系の本は結構高くて、自然とBOOKOFFで探す事に。
    なので、本棚はそれ系の本で一杯です。

    たまたま、同じ出版元が出す同じシリーズの本が3冊揃いました。
    1冊目は、Photoshopを使った写真のレタッチの本
    2冊目は、Photoshopを使ってのデザインの本
    3冊目は、Illustratorによるデザインの本

    この3冊は、それぞれ定価は2500円で同じです。
    でも、BOOKOFFでの販売価格には大きな開きがありました。

    中古の場合、本の状態によって販売価格が変わったりしますが、
    この3冊はどれも同じぐらいに綺麗な状態です。
    なのに、何故販売価格が違うのか。
    需要の違いですよね。

    1冊目が一番高くて1300円でした。
    2冊目はその半分ぐらいの650円。
    3冊目のIllustratorの本はいくらだと思いますか?
    108円ですよ。

    そこから何が読み取れるかというと、
    わたしが住んでいる地域では、
    Illustrator使いはほとんどいない? と言っても過言ではない状態では?
    そして、Photoshopの方については、
    写真撮影が趣味で、その写真を使って何かいい感じの加工がしたいなぁ。
    という感じのPhotoshop使いが結構な数でいらっしゃるのではないかと想像できます。

    それに関連してなのですが、
    ネットサーフィンをしていて眼にした一文が頭に残っていまして。
    きょうのタイトルになっている
    BOOKOFFの品揃えで、その地域のレベルが分かる?」ということです。

    お金持ちな方がたくさん住んでいらっしゃる地域のBOOKOFFの品揃えを見ると、
    お金を殖やす為のテクニック本が豊富なのだそうです。
    お金持ちの方がレベルが高いと言いたいわけではないので勘違いしないでいただきたいのですが、
    BOOKOFFの品揃えでそこに住んでいる方の生活が見えてくるという事で
    みょ~に納得してしまいました。

    あなたの住む地域のBOOKOFF、どんな品揃えですか?
    関連記事

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.

    comment 0 trackback 0
    トラックバックURL
    http://phototothedream.blog.fc2.com/tb.php/266-2a59d069
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する
     
    back-to-top