09.08
    Thu


    外国人観光客の皆さんが萌える電信柱。

    東京オリンピックまでに
    東京の電線の地中化は進むのでしょうかね。

    写真を撮っていると、
    邪魔だなー。と思うことも確かにあるけれど、
    どうしても無くして欲しいかといえば、
    別に、どちらでもいいけどね。

    ここは日本。
    メリットもデメリットもあるだろうけど、
    どっかの国と比較してどうのこうのではなくて、
    この国を見て、この国に住む人々の生活を見て、
    進めてほしいなと思います。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    「営業部長 吉良奈津子」、8話まできましたねー。
    営業開発部内はいい感じになってきました。
    一条もきっとね。

    それでですね...
    なんじゃそりゃー! と思ったのが、
    この重要な時に、高木CDがニューヨークに行ってしまうという...
    ニューヨーク行きよりも吉良奈津子との仕事を選ぶのではないか、
    選んでほしいと、願ったけれど、無理でした。
    えーっ、このまま高木CDの出番はなくなるの?
    これが一番心配でした。
    でも、8話最後の方で高木CDからの電話。
    ニューヨークから帰ってきたら話しがあります。
    ってさぁ... なんだろねぇ... わくわくしちゃう。
    営業開発部がCity Drinkのコンペに勝ち、
    その仕事のパートナーとしてやっていきたい。という話しか、
    (高木CDは、吉良奈津子がこのコンペを勝ち抜くと確信しているところがミソなのよ (✿ ◕ ‿  ◕ ) うふっ❤)
    あるいは、人生のパートナーとして? っていうのもありかな?
    わたし的には後者の展開になったらうれしいけれど、
    きっと、前者だと思うなー。

    てか...
    情けない旦那... 母親にも情けない呼ばわりされてるし。
    しかし... 気づくの遅いよ、おっかさん。
    あなたが息子の情けなさにもっと早く気づいていたら、
    こんな事にはならなかったよね。
    てか、あなたがお嫁さんを追い詰めたんだよ。
    でも、まぁ... 気づいて、お嫁さんに謝ることが出来てよかったね。

    あとは、情けない旦那だけど、
    ばかだよねー。
    その気がないなら、逢うなっちゅうの!
    そんなにいい人でいたいのかな。
    妻とやり直したい。なんて言うぐらいなら、
    傷つけてでも、シッターには逢わないのが、
    シッターに対するやさしさだと思うな。
    結局、自分のことしか考えてないんだな。

    きょうも、ありがとう❤
    またね♬

    コメントのお返事は遅れます。
    ごめんなさいね ( ̄▽ ̄;)

    保存保存
    関連記事

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 0 trackback 0
    トラックバックURL
    http://phototothedream.blog.fc2.com/tb.php/246-c9c4dbe1
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する
     
    back-to-top