06.11
    Sat


    紫陽花を求めて、ぶらぶらと(自転車だけどね)出かけてきました。

    ある公園に着いて写真を撮っていると、「いいの撮れましたか」と声を掛けられる。
    きょうは公園のお手入れ(掃除?)の日らしく、シルバー人材の方々が作業していました。
    その中のお一人です。

    いまは紫陽花の季節だもんねぇ。とか菖蒲は小岩だけど、自転車で行ってきたら。とか、とか...
    まぁ、てきとーに(いい塩梅にね♬)お返事して、少しづつ、少しづつ、離れました。
    紫陽花がたくさん咲いている辺りに、作業をする方々が数人いらっしゃったので
    紫陽花は後回しにして、ちょっと離れた所に移動して撮っていたら、
    また話しかけられた。

    大抵、ひと言ふた言で終わるのだけれど、この方は、何だか突っ込んで聞いてくる。
    プロか趣味かと問われて、趣味だと答えると、仕事になったらいいのにねー、と。

    で、どんなの撮れたの? と聞かれたので、
    見せるのが一番と、お見せしたわけですよ。
    ちょうどその方に話しかけられる直前に撮っていた写真。
    それが今日の画像です。

    「何を撮ったの?」なんて聞かれちゃいました ( ̄▽ ̄;)
    ちょっと説明したけれど、納得がいかなかったようで。
    納得って、何を? といいますと、
    「何でそんなの撮ってんだよー」てな感じでしょうかね。
    説明した後に出た言葉からすると、そうなると思うのですよね。

    プレートがついてるのを撮るといいよ。
    花も咲くし、有名だから。
    そしたら、プロになれるかもしれないよ。
    」と。

    これもてきとー(いい塩梅にね♬)お返事して、何とか切り抜け、
    この調子で話しかけられてたら、ゆっくり写真を撮っていられないと思って
    公園の中の離れた場所まで移動しちゃいましたよ。

    誰もが知っている有名なものを撮るとプロに近づけるならば
    プロになりたい人は、一生懸命撮っちゃうよね?
    (それでプロになれるなら。)

    てか、わたし、
    写真で食べられるようになれればいいなとは思うけれど、
    プロカメラマンになりたいとは思ってないし。

    〇〇の写真を〇〇な感じで〇〇までに撮ってください。とか...
    それが出来るのがプロだと思うけど、
    わたしが目指す所ではない、ない。

    撮りたいものを撮りたいように撮って、
    億万長者になれたら、さいこー。 (✿→艸←)

    結局の所、このおじぃさんとは、感性が合わなかったようです。
    てか...
    わたしが撮っていると、
    「なに撮ってるんですか?」って聞かれたり、
    撮り終わった後、視線を感じて振り向くと、怪訝そうに誰かが見てたりとか、
    そーいうの、多いんだよね ( ̄▽ ̄;)

    まっ、いいかぁ。

    ちなみに、きょうの画像、
    これは、ユリノキです。

    中井氏の構図の練習をしてました (✿→艸←)


    関連記事

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.

    comment 2 trackback 0
    トラックバックURL
    http://phototothedream.blog.fc2.com/tb.php/192-60aade30
    トラックバック
    コメント
    こんにちは^^
    うーん、たぶん聞いてくる人たちは純粋に、空音さんとお話がしたいだけかもしれませんね^^;
    私一度も聞かれたことないです。
    でも聞かれたら、たぶん、言葉少なに「適当に撮ってます」って無視しちゃうかもしれません^^;
    ○○を撮って、とか、こう撮るべき、的な発言て、本人は善意で言っているのかもしれないですが、正直余計なお世話ですよねー^^;私的に、そういうことを言ってくる人って、なんでだろーって昔から疑問に思っています^^;
    八咫烏 | 2016.06.12 04:47 | 編集
    八咫烏さん、こんばんはぁ (*⌒∇⌒*)
    >私一度も聞かれたことないです。
    多分、八咫烏さんのカメラのレンズの先には、誰もが撮りたくなるものがあったりとか、
    何を撮っているのかが一目で分かるからとかではないでしょうか。
    わたしの場合、道端にしゃがみこんで、雑草に紛れ込んでいる小さな虫とか撮っていたりするので、
    何か珍しいものでもいるのかと思うのかもしれませんねぇ ( ̄▽ ̄;)
    でも一度だけ... わたしのカメラのレンズが向いている方向から撮っているものを推察し、
    詩的な表現で話しかけて下さったご婦人がいらっしゃって、
    その時は、とても嬉しかったですねぇ。同じ感性だと思いました (*⌒∇⌒*)
    後押しをしていただいているようなコメントを、いつもありがとうございます (*⌒∇⌒*)
    空音。 | 2016.06.14 00:51 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する
     
    back-to-top