02.28
    Sun


    第5話から第7話まで溜まってしまいましたが、とりあえず第5話分を書いていきます。

    第5話。
    まず書きたいのは、大塚寧々が着用していたコート。
    NINEというブランドのコートだという事を知りました。ボタンではなくて多分20cm位の長さのファスナーで前を合わせる感じです。わたしは最初見た時に、そのファスナーは飾りとしてついているのかなぁと思ったのだけれど、NINEサイトで見てみるとそうではない事が分かりました。ジャンパーみたいにではなくて左右を重ねる感じでついているのでファスナーをしめていると外からは見えないのだけれど、大塚寧々は前を開けて着用していた為にファスナーが見えていて、それにレザーパンツとロングブーツを合わせているのがとにかくかっこよかったです。全身黒のコーディネイトでしたね。

    ついでと言ってはなんですが、山猫ふぁっしょんについて。まぁ、ここにいらっしゃる山猫ふぁんのみなさんはもうご存知かと思いますが、あのスウェットですよ。スウェットなのに、何と、2万5000円もする。びっくりですね。でも、丸いサングラスは5400円だそうで、かっこいい人は何を身に着けてもかっこいいという事でしょうか。

    「あんたのコアってなんだよ。 核だよ、核!
     かつてのお前はその正義を信じて刑事になったんじゃねぇのかよ。
     悔しかったら、今からでもやり直してみろ、この、ばぁーーーーーか!」

    「一言で言っちまえばなぁ。けど、一言で語っちまうと、報われねぇのが人間だ。」

    「お前は間違ってる。そう言える世の中に、しないとなぁ。」

    「おもしろ過ぎんでしょ!」

    最後、成宮が両鼻に割り箸を突っ込んで炭坑節を踊ってしまいましたが、「おもしろ過ぎんでしょ!」はそれに対する山猫の台詞です。
    成宮寛貴、いろんな恰好をさせられてますよね。いいのでしょーかぁ。

     
     
    関連記事

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.

    comment 0 trackback 0
    トラックバックURL
    http://phototothedream.blog.fc2.com/tb.php/127-6baeb7dd
    トラックバック
    コメント
    管理者にだけ表示を許可する
     
    back-to-top