09.27
    Wed


    ユリの花もたくさんあって同定するのが困難ですが、
    調べてみると、
    これは、ユリ科のカンゾウの花ではないかと思いました。

    いつものごとく、
    公園内の立ち入れない場所にひっそりと咲いていました。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    Always just for only you.

    パンドラの箱の底に残ったもの、
    忘れない。


    きょう2度目の投稿。
    見てくださって、ありがとう。
    see you❤


    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    09.27
    Wed


    お庭で虫が鳴いています。

    鳴き声を検索してみると、
    ヤマトヒバリという虫の声に似ていると思うのだけど、
    この虫、林に生息しているみたいなんだよね。

    うちのお庭は雑草も伸び放題だし、
    割とワイルドな感じだけど(笑)、
    林と呼ぶには無理がある。

    違う虫なのだろうか。


    あれっ、

    いつから鳴いているのだろうか。

    昨年も鳴いていただろうか。

    分からない。

    分からないけど、

    なんにせよ、

    秋だねぇ。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    きょうの写真ね、
    見る人にはつまらないだろうと思われるこんな写真を撮るのが、
    ほんとは好きなんです。

    でも、
    こんな写真はストックフォトでは売れない。
    売れる、売れないの前に、
    審査の時点で落とされるだろうな。

    ストックフォトをやめるつもりはないけれど、
    ストックフォトにチャレンジした時と同じ気持ちで、
    今度はコンテストにもチャレンジしたい。

    目指すのはただひとつ、「視点」のコンテスト。

    組み写真での入選がとても多いし、
    モノクロも多い。
    被写体は人物が多い。

    その他、視点のコンテストの傾向を見ると、
    初めて応募するには
    ハードルが高過ぎるかもしれないけれど、
    これからは、
    それを意識しての撮影を心がけていきたいと思っています。

    自分のやりたい事を実現するために、
    自分は、
    変わることが 出来るだろうか。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    きょうは指定休。

    この記事は、昨夜書き始めたのだけれど、
    途中で睡魔に襲われて、
    ちょっと横になったら、寝ちゃってました ( ̄▽ ̄;)
    推敲・書き足しをしてのアップです。

    きょうもつまらないつぶやきを最後まで読んで下さって、ありがとう。
    see you❤

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    09.25
    Mon


    どんな状態に置かれても、

    どんな時でも、

    自分なりに。

    自分なりに、

    自分を目指す。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    結局は、
    ことしは、
    綺麗な曼珠沙華の群生を撮影する事は出来ませんでした。

    でも...
    それで良かったかも。

    わたしの愛するlensが、
    楽しいひと時をくれました。

    困難だからこそ、楽しい。

    そこに、
    わたしらしさが出る。


    見てくださって、ありがとう。

    see you❤

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    back-to-top