08.10
    Thu

    まず最初にお詫びです。
    今回はChromeでひらがなが打てなくなる件。②について書くと
    予告させていただいたのだけど、
    すみません、次回に持ち越して、
    今回はカメラアプリについて書いていこうと思います。

    実は、このカメラアプリについてもう少しで書き終わり、
    次にChromeでひらがなが打てなくなる件。②について書こうとした所で、
    編集画面が真っ白になってしまいました。
    高機能テキストエディタに替えようとした所でした。
    このタイミングで真っ白になる事が今までも何度かありました。
    お願いしますよ、FC2さん!

    気を持ち直して...
    きょうの画像、タイトルは「ちっちゃな落し物。
    iPhone写真です。
    前回の記事で、乞うご期待! なんて宣言してしまいましたが、
    期待外れだったでしょうか? 

    iPhoneカメラなんですが、勝手に連写しちゃいますよね。
    連写しないように設定する事は出来ないようなので諦めて、
    連写をしないカメラアプリを探しました。
    それで入れたのがStageCameraHDです。
    これが、なかなかいいのですよ。

    わたしは連写したくないので、連写撮影モードをOFFにしていますが、
    連写したい時はONに設定する事も出来ます。

    撮影前に露出の設定が出来るのだけど、
    それを使わなくても、いつも、いい感じで撮影してくれます。
    ハイキーとかローキーで撮影したい時に使うぐらいですかね。

    色については、多少色被りしているなと感じることはあるけれど、
    見るからにこれはひどいと思うようなものは一枚も撮れたことはありません。
    こんかいの画像ですが、
    彩度(自然な彩度)は少し調整量が大きめでしたが、
    レベル補正の調整量はそれほど大きくはありません。

    本体のサイレントスイッチをONにする事で、無音でシャッターを切る事も出来ます。
    グリッドを表示する事が出来るのも便利ですし、
    動画撮影時には手振れ補正も使えます。

    写真撮影は5倍、動画撮影は7倍のズームが出来るそうです。
    なるべく画質を落とさないでズーム出来るそうです。
    わたしはズームしないので、これについては実感出来ていませんが。

    撮影出来るサイズは7サイズ。
    最大の4032×3024とその下の2つのサイズは有料なので選択出来なかったのですが、
    いまとなれば、選択出来なくてよかった。
    わたしは1920×1080 Full screen で撮影しています。

    一眼では殆ど90mmの単焦点しか使わないので、
    この画角がとても新鮮で、大のお気に入りなのです。
    50mmや24mmを使うことも稀にあります。
    ありますけど...
    この細長の画角、これがいいのです。

    こんかいの写真、
    一眼を持っていても、きっと撮影したと思う被写体だけれど、
    その切り取り方は、全然違ったものになる。
    奥行を感じさせてくれるこの画角が、
    ちっちゃな忘れ物の後ろに、
    いろんなドラマを想像させる風景を映し出してくれると思うのです。

    この画角で写真が撮れる一眼はあるのでしょうかね?
    気になる、気になる。

    長々と書いてきましたが、何が言いたいかって...
    この画角が大好き!
    というひと言なんです。

    いろいろ写真を見て回っていると、
    どんな写真に自分のこころが振れるかで、
    ほんとは、どんな写真が撮りたいのかが良く分かる。

    最後まで読んで下さって、ありがとう。
    see you❤

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    back-to-top