05.31
    Wed
    親指ハムスター


    親指姫をイメージして、スイレンの中にハムスターを乗せてみました。
    お話し相手には蜂さんを (๑╹◡╹๑)

    どんなお話しをしているでしょうか。


    今回は、ハムスターの写真とお花の写真2枚、蜂の写真の計4枚で作りました。
    クリッピングマスクを使いこなせるようになりたくて試行錯誤していたけれど、
    わたしが使っていたのはレイヤーマスクだという事が分かりました。
    いやー、衝撃の事実でした (✿→艸←) 

    その違いを調べて、今度こそ、クリッピングマスクを習得したいと思います。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    さてさて、きょうのタイトルですが、
    このタイトルでもう分かってしまった方がいらっしゃったら、
    是非、お知らせください (✿→艸←)

    数日前からスマホゲームにはまってしまっておりまして、
    これが、なかなかにわたしの時間を食い潰してくれるので、
    きりのいい所でさよならしなくちゃと思うのだけれど、
    そんなスマホゲームの中で異彩を放っているゲームをご紹介します。

    脱出ゲームってご存知ですか?
    アイテムを探して、そのアイテムを使いながら
    出口への道を切り開いていくゲームなのだけど、
    きょうね、それ系で面白そうなのないかなぁと探していたら、
    出逢っちゃったんですよぉ (✿→艸←) 

    それがきょうの記事のタイトルになっている「ママにゲーム隠された」です。

    息子がゲームばかりしている姿を見たママは、
    そこで怒る事をせずに、そっとその場を離れます。
    そして翌日から、この息子とママのゲームが始まります。

    ママが隠してしまったゲームを、
    部屋の中から見つけたアイテムを使いながら探し出すゲームです。
    方法を間違えると怒りのママが現れたり、
    他にもいろいろと現れて、ゲームオーバーになっちゃうの。

    とても現実的だったりするんだけど、
    とてもシュールだったりして、
    なんかね、その空気感ていうか、
    はまるよー。

    1はもうクリア済みで、いま2の途中。
    エンディングはちょっとうるうるきちゃう内容らしい。

    このゲーム、完全攻略後も、
    たま~に開いて、くすっと笑わせてもらいたい。
    作者の笑いのセンスを探る感じが楽しくて、
    3、4と、続けて作っていただけたらと願わずにはいられないゲームです (✿→艸←) 

    ※ ちなみに、もしこれからやってみようかなと思われたのでしたら、
    音を消してやった方が、その世界観により浸れると思います。
    お薦めです (๑╹◡╹๑)

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    05.30
    Tue
    車と鉄人2



    参上!



    と、意気込んでみても、

    こんな、ちっぽけなわたしに、

    いったい何が出来るだろうか。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    上の画像を作っていて、
    一番気にしたのが、光の当たり方、当たっている方向。

    出来る範囲で手を入れたけど、
    それでもまだ、矛盾点がいくつもある。

    プロならうま~く修正出来ちゃうのだろうけれど、
    とても手のかかる処理だろうと思う。
    省けるものなら省きたい手間。
    省くにはどうすれば?

    芸術作品としての写真を撮ることは、それは大変な事だと思うけれど、
    素材としての写真を撮る事も、
    大変な事なのだとつくづく思いました。

    わたしが写真を撮り始めた頃に気にしていた言葉が「図鑑写真」。
    植物のマクロ写真から入ったので、
    図鑑写真にならないように撮ろう、撮ろうとしていました。
    「図鑑写真」という言葉がね、けなし言葉のように使われているのを見た事があって、
    撮り始めのころは、ほんとに、
    図鑑写真のような写真が良くないものだと思っていましたね。

    でも、ストックフォトを始めて気づきました。
    図鑑写真は、人をけなす為に使われるようなものでは決してないという事。
    むしろ、他の写真のカテゴリ同様、
    とても大変な事だという事に気づきました。

    Photoshop CCを使い始めた事をきっかけにまた加工熱に火がついたけど、
    前以上にいろんな事を感じながら作品作りをしています。
    それらがみんな、PIXTAへと繋がっていく。

    無駄な事はないのですね。

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    05.29
    Mon
    薔薇ピンク背景


    髪の毛の白抜きを頑張ってみました!
    下の3枚が元写真(フリー素材)です。

    元画像

    左側の女性の画像なんですが、
    早く上手になりたくて、髪の毛が派手にふさふさしている画像を選びましたよ (✿→艸←) 

    CSでは「境界線の調整」で髪の毛などの調整をするみたいなのだけれど、
    CCにはそれがないんですよね。
    その変わりとなるのが「選択とマスク」の中の「境界線調整ブラシツール」です。

    なんとかここまで出来るようになりました。

    白抜きした女性の画像の背景に右側のピンクの薔薇の画像をもってきて、
    ドロップシャドウを掛けようと思ったら、
    そのドロップシャドウの描画モードを変える事が出来る事を知って、
    これは使えるー。とかなりうれしくなりました。

    でも、うれしい事ばかりではなくてですね...
    下の画像を見ていただくと分かると思うのですが、
    背景の色を変えると、まだまだだよー感が出ていて、
    ほんとに、まだまだだよー。と思って... ヽ(o_ _)o 

    薔薇赤背景

    もちっと、頑張りますわ。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    さて、きょうの本題です。
    きょうね、証明写真を撮ってきたのですよ。
    駅前周辺とかスーパーとかに設置してある証明写真ボックスで。
    FUJIFILMが設置したものだけど、これがね、なかなかの出来なんですよ。

    驚いたことは3つ。

    まず1つ目は、撮影する時に画面中央に縦のラインが表示されので、
    そのラインに鼻を合わせれば左右にずれる事がなく撮影できる事。

    2つ目は、1度撮影してその結果が気に入らなければもう一度撮影し直す事が出来、
    その結果を見比べて好きな方を選ぶ事が出来る事。

    そして3つ目、選んだ画像の頭のてっぺんと顎のラインを指定する事で
    出来上がり時に頭から肩までが指定サイズの中に
    うまく入るように出来ている事。

    そして肝心のプリントですが、
    スタンダードで700円なのですが、
    わたしは200円上乗せして「美肌仕上げ」でプリントしました。
    もうねぇ、そりゃぁ、綺麗な仕上がりですよ。
    あっ、ちなみに、
    スマホアプリとかプリクラでも証明写真が撮れるみたいですが、
    それらのように盛ってはくれませんからねー (✿→艸←) 

    わたしが撮ったボックスは背景が白でしたが、
    「プレミアム美肌仕上げ」が出来るボックスだと
    8種類の中から選べるみたいです。料金も1000円になりますけどね。
    でもね、プリントショップとかで撮ると1500円ぐらいするから、
    全然安いし、仕上がりもいいし、お薦めですね。

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    back-to-top