02.29
    Mon


    さて、問題です。
    きょうの画像は、どんな加工をしたでしょうか?

    随分前の話しです。何かを調べていて、おまけのように眼に飛び込んできたある事。それが正しいのかどうか、他に書いている人がいないかどうか調べたけれど同じ事を書いている人はいなくて、「疑わしきは罰せず」のような、もやもやした気持ちでいました。

    そしてつい最近のことです。コンデジで写真を撮っていた頃、エッジに沿ってぷつぷつと変なものが出る事があって、あれは多分、無理なシャープ補正のせいだったのではないかと思って、記事に書きたくて、いろいろ試してみていたのです。
    いつもはアンシャープマスクでシャープ補正をするのだけれど、コンデジを使っていた頃はElementsのバージョンが違ってアンシャープマスクはなかったので、通常のシャープ補正でスライダーをいろいろ動かしてみました。

    そして出来たのが上の画像です。RAWで撮りましたが現像時は何もいじらずに、Elementsの方でもシャープ補正以外は何もいじっていません。
    シャープ補正だけでこんな画になりました。
    これがいいかどうかは別として、疑わしき事は本当だったのではないかと思いまして。
    その疑わしき事とは、「レタッチソフトのシャープ補正は、コントラストを高める事でシャープに見せている。」という事です。
    そして、長年Elementsを使っていますが、シャープ補正の量と半径の意味・関係がやっと理解できました。
    量と半径をめっちゃ上げて出来たのが上の画像です。コントラスト高いですよねー。

    それで、これが正しいとしてもう一つ疑問に思うことは、それじゃぁ、デジカメで撮影する時のシャープの加減もコントラストによって調整されているのかどうかという事です。

    多分、そうなのでしょうね? そうだとすると納得できるのです。
    ゆるふわと呼ばれるコントラスト低めの画があまい感じになる事や、シャープに撮りたがりのわたしが好きなシーンがなぜシャープに撮れるのかが。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    きょうはストックフォト用のレタッチもがんばりました。出来るだけRAW現像のみで仕上げようと頑張ってみました。
    最初はRAW現像むずいー! と思ったのだけれど、コツが掴めてくると、なんだ、RAW現像楽しいじゃん♫ とか思って、現像しながら、カメラの設定についても、今度撮る時はこうしよう、あぁしようとか、いろいろ楽しいひと時でした。
    近々申請します。お楽しみに。
    てか... 今月はいろいろ嬉しかったです。
    苦手な風景写真が売れたし、Inkscapeで描いていた頃の習作のようなイラストも売れたし。InkscapeはIllustratorのようにマニュアル本が市販されていないから、ネットからマニュアルをプリントして勉強したんだー。もう使い方忘れちゃったけどねー。
    それから、頑張って描いたペンギンちゃんのイラストとか、水面の写真とか。
    てか、もう夏に向けて動いてるんだねー。
    大きなサイズで売れるとすっごく嬉しいよ。どんな風に使われるのかなと思ってね。
    また来月もたくさん売れますように。



    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    02.28
    Sun
    IMG_8298.jpg

    青木ヶ原樹海ではありませんよ。
    親水公園の脇の土手です。

    青木ヶ原樹海に行くと、地表を大蛇のような木の根がうねうねと這っています。
    青木ヶ原樹海の特徴だそうで、地中は溶岩が固まった溶岩石に覆われているので、
    地中に根を伸ばす事が出来ずに、仕方なく地表に顔を出しているようです。
    倒れないのかなぁと不思議に思いますよね。

    この親水公園の土壌も、固くて根を張れないのかな。
    でもこの木、かなり大きいのだけど... 倒れたら怖いよね。
    緑の葉っぱはツワブキですよ。
    花が終ってたくさんの綿毛をまとっていました。
    そのうち、飛んでいくんだね。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    本来の空音。にもどろうかな。
    もどれそうな気がするんだ。

    だから... 写真、もっと頑張らないとね。

    そう思って書いているそばから
    もうかなしくて...

    なみだはどうして涸れないのかな。



    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 2 trackback 0
    02.28
    Sun


    第5話から第7話まで溜まってしまいましたが、とりあえず第5話分を書いていきます。

    第5話。
    まず書きたいのは、大塚寧々が着用していたコート。
    NINEというブランドのコートだという事を知りました。ボタンではなくて多分20cm位の長さのファスナーで前を合わせる感じです。わたしは最初見た時に、そのファスナーは飾りとしてついているのかなぁと思ったのだけれど、NINEサイトで見てみるとそうではない事が分かりました。ジャンパーみたいにではなくて左右を重ねる感じでついているのでファスナーをしめていると外からは見えないのだけれど、大塚寧々は前を開けて着用していた為にファスナーが見えていて、それにレザーパンツとロングブーツを合わせているのがとにかくかっこよかったです。全身黒のコーディネイトでしたね。

    ついでと言ってはなんですが、山猫ふぁっしょんについて。まぁ、ここにいらっしゃる山猫ふぁんのみなさんはもうご存知かと思いますが、あのスウェットですよ。スウェットなのに、何と、2万5000円もする。びっくりですね。でも、丸いサングラスは5400円だそうで、かっこいい人は何を身に着けてもかっこいいという事でしょうか。

    「あんたのコアってなんだよ。 核だよ、核!
     かつてのお前はその正義を信じて刑事になったんじゃねぇのかよ。
     悔しかったら、今からでもやり直してみろ、この、ばぁーーーーーか!」

    「一言で言っちまえばなぁ。けど、一言で語っちまうと、報われねぇのが人間だ。」

    「お前は間違ってる。そう言える世の中に、しないとなぁ。」

    「おもしろ過ぎんでしょ!」

    最後、成宮が両鼻に割り箸を突っ込んで炭坑節を踊ってしまいましたが、「おもしろ過ぎんでしょ!」はそれに対する山猫の台詞です。
    成宮寛貴、いろんな恰好をさせられてますよね。いいのでしょーかぁ。

     
     
    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    back-to-top