12.30
    Wed


    読みたいと思いつつ積極的に手に入れようと動いていなかったのですが、きのう、どうしても、手に入れるべき時は「いま」な感じがして、ネットで購入、きょう届きます。又吉直樹の「火花」です。
    販売部数がものすごいことになっているようですが、それは、物珍しさからなのか... それもちょっとはあるかもしれないけれど、それだけじゃないよね。それを自分で確認したくて、読まなくちゃ、読みたい、そう思った。
    お正月休み中に読める、ちょうど良いタイミングで、わたしのこころが動きました。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    先日GEOで借りてきた映画の感想をまだ全部書いていなかったね。
    借りてきたのが、さくらん・雨あがる・ベイマックス・しあわせのパン・山のあなた〜徳市の恋〜・死国。

    一言感想です。「さくらん」は書いたので省いて...

    「雨あがる」... 山本周五郎の短編小説が原作。最後はちょっとね、その後はどうなったの? と想像してしまう終わり方なのだけど、Wikipediaによると、その後がはっきりと分かるシーンを撮影してあったそうです。でも主演の寺尾聰の「(その場面は)演じていて意心地が悪かった。」の一言でカットされたそうです。わたしは、それでよかったと思いました。余韻の残る終り方が好きです。

    「ベイマックス」... ん~と、ストーリー的には悪くないとは思うけど... なんだろね... 眼が興味を示さないのは。3DCGのアニメーションに拒否反応。魅力を感じない。

    「しあわせのパン」... これは、想像通り「かもめ食堂」に通じるものがありました。が、わたしの中ではかもめ食堂には及ばず。
    原田知世と大泉洋主演。原田知世はそのまんまな感じ。おしゃべりな大泉洋は大変な演技をしていた感有り(笑)

    「山のあなた〜徳市の恋〜」... 1938年公開の『按摩と女』のリメイク作品。草薙剛は演技力あると思うけど、映画は、まぁ... 可もなく不可もなくという感じ。

    「死国」... 坂東眞砂子の小説が原作。他の作品も読ませる力有り。日本らしいホラー作品。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    さて、きょうのタイトル、ことし最後の「思い出した。」ですが...

    例のサイトでマクロ写真を見ていると、F値がかなり高い画像が眼につきます。はっきり言って、気持ち悪いほどのものもありますが ( ̄▽ ̄;)

    わたしのマクロ撮影の原点は、そう、きょうアップロードしたような画像が原点です。
    ピントはピンポイントで、ぼかした部分のグラデーションを綺麗に表現したマクロ写真に魅かれ、自分でも撮影してみたいと勉強・工夫を始めました。
    なので、画像全体がはっきり・くっきりのマクロ写真に違和感を感じ、気に成る画像のF値を確認しまくりました。
    わたしがマクロレンズを装着している時は、F値は2.8固定のようなもので殆ど変えません。
    それなのに、このサイトではF8とかF11とか当たり前で、きょうはF32なんていう作品に出逢ってしまいました。

    しかーしですね... この記事を書くための画像としてスーパーマクロの画像を探していると、あったんですよ、F2.8より高いF値で撮影した画像が。そして、気付いた。ここ数年は楽をしてスーパーマクロの世界へ行くことをしていなかったけれど、スーパーマクロの世界で撮影していると、自然と上げなくちゃいけないと思い上げて撮影していた事実があったことを思い出しました。ちなみにきょうの画像はF5で撮影したタンポポです。

    試しに例のサイトで風景の方も見てみると、これも驚き。風景というとF10とか高いF値で撮影するものと思っていました。
    レンズによってそのレンズの最高のパフォーマンスを発揮するF値があるそうなのですが、ちなみに、わたしが所有している広角レンズだとF8ぐらいで撮影するのが一番だそうです。なので、それを意識して撮影するようにしているのですが、驚きの画像はF3.5とかの低いF値で撮影されていました。お休み中に、何故そのF値を選択したのか、風景の方とマクロの方と、自分なりに検証、撮影に生かしていけたらなと思っています。

    ことしも、いろいろ新しいことにチャレンジしてきたけれど、いつも見てくれる人がいて、続ける力になっていたと思います。ありがとうございました。
    来年も変わらずチャレンジの年になりそうです。
    何をしでかすか分かりません (✿→艸←)
    変わらず、どうぞよろしくお願いします。

    ことし最後の更新でした。
    See you next year。



    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    12.27
    Sun


    きのうの流れで、きょうも撮影する気満々で出かけたのは良かったのですが、風が強かったです ( ̄▽ ̄;)
    スーパーマクロの世界へと思っていましたが諦めました。

    たくさんの花が咲いているわけでもなし、紅葉もみんな散ってしまっていたし...
    なので、久しぶりにレジャーシートを敷いて、ごろんと横になって、草紅葉などを撮ってみました。
    まだまだ緑で頑張っている葉もありましたよ。


    OxT ー Lost you
     


    例のサイトにアップロードした画像は、一夜明けて最初は「人気画像」から、そして「注目画像」から順番に消えていきました。
    はやい! 

    気になる画像とそのExif情報を見ながら勉強させてもらってます。
    次、がんばろ。



    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    12.26
    Sat


    きのうベランダに出て洗濯物を干していたら、プランターいっぱいの雑草の葉に、雫が光っているのが眼に入りました。
    お天気は悪くない。カメラを持出して撮影する気満々 (✿→艸←)

    あまり期待もせず撮り始めたのだけれど、撮影していて、どうしても、もっと、もっと、近づきたい衝動に駆られました。
    期待していなかったのだから、やっぱりなと諦めても良かったものを。
    きのうのわたしは、どうかしていました (✿→艸←)

    そして、引き出しの中をごそごそ、取り出してきたのが、クローズアップレンズ。
    わたしが持っているクローズアップレンズとマクロレンズの組み合わせだと、レンズ先端から被写体までの距離14~20cmまで近づくことが出来るようになります。

    えっと... わたしが愛用しているレンズの情報はまだお知らせしていなかったですよね。
    TAMRONの90mm、タム9ですね。
    自分専用の一眼を手にして、初めてGetしたレンズがこのマクロレンズです。
    このマクロレンズを選択したことによって、わたしはマクロレンズに関してはレンズ沼に踏み込むことは一度もありませんでした。
    やわらかなボケ味とシャープな描写を併せ持ったタム9。
    TAMRONの回し者ではないけれど、TAMRONがもしもタム9の生産中止を宣言したら、1本は確実、もしかしたら2本ぐらい買っちゃいそうなくらいに愛してます。

    そんなタム9の撮影最短距離は29cm。もう少し近づきたい... そんな時にクローズアップレンズをつけることで、先に書いたように14~20cmまで近づけるようになります。
    それでも足りなければ... もう一枚クローズアップレンズを持っているのだけれど、2枚重ねは結構きつくて... レンズをちょっと動かしただけでものすごく揺れます。2枚も重ねたら、まるで船酔い状態です (✿→艸←)
    まずは一枚からまた徐々に慣らしていこうと思います。

    そして、その状態で撮影した雫の画像を、例のサイトにアップロードしてみました。
    海外のサイトなので午前中にアップロードするとたくさんの人に見てもらえる確率が高くなるという情報を得ていたのでそうしようと思っていたのに、ついうっかりと昨夜アップロードしてしまいました。それでも、直後からぼちぼちと「いいね」ボタンをクリックしていただき、現在30に。閲覧数は152件です。
    わたし、何もしてません。見に行けば見てもらえるとか、「いいね」すれば「いいね」し返してくれるとか... そういうのなしのアップロードしっぱなしです。
    まずは新着画像に表示されて、それからおそらく「いいね」やコメントの数によって(?)「注目画像」、そして「人気画像」として表示されていくようです。わたしの画像も順を追っていま「人気画像」に表示されています。
    編集部のお薦めの画像が、もう驚くような画像ばかりで。いつかここに表示してもらえるように頑張りたいですねぇ。

    海外のサイトなので色の出し方がふつーじゃないです。でも、鮮やかだけど色が破綻していない。(破綻しているものもあるかもしれないけれど ( ̄▽ ̄;)) 見ていて楽しいです。
    わたしのページが充実して、みなさんにご案内出来る日が来るのが楽しみです♫

    このサイトを意識して、幻想的な写真を撮らないと。そういう場所を探し歩く... 足で撮る。そう思っていたのだけれど、今回の撮影で気付いたのです。というか、思い出したというのが合っているかな。
    スーパーマクロの世界なら、鬱蒼とした山の中へ入っていかなくても、身近かに見つけられる。
    スーパーマクロの世界が幻想的な世界なのです。ほんと楽しみです。

    そしてきょうの画像ですが... クローズアップレンズなしでの撮影です。
    コムラサキシキブの実も、どんどんしぼんで皺だらけ、こうなったら鳥さんももう喜びませんね ( ̄▽ ̄;)
    背景の色合い・ボケがいい感じだったので、邪魔をしないようにテキスト配置しました。
    パソコンで大きなサイズで確認した時に「んっ?」と思い確認すると、ISO感度が200になっていました。
    先日ショッピングモール内で撮影した時のままになっていたようです。たまーにある失敗。気をつけよ。

    きょうは長くなってしまいました。最後まで読んで下さって、ありがとう。
    多分、読んで下さる方は何人もいらっしゃらないだろうと思っているので、読んで下さった方が神様のように思えます。
    こころより、ありがとうございます。



    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    関連記事
    comment 0 trackback 0
    back-to-top