08.15
    Tue

    前回、
    GRADATIONか、VARIANCE、SCHEMESあたりの得点を上げると、
    解除出来るかもしれません。と書きましたが、
    GRADATIONの得点を60に上げた所でロック解除となりました。

    rcolor8.png

    COMPLEMENT
    円やテキストの色の補色となる色を
    上に並んだ色から選ぶゲーム。

    補色とは?
    色相環で正反対に位置する関係の色の組合せ。

    補色同士の色の組み合わせは、
    互いの色を引き立て合う相乗効果があり、補色調和」といわれる。
    しかし、
    純色など、明度が同じ補色同士を組合せた場合は、
    ハレーションを引き起こして、目がチカチカしてしまう。
    wikiヨリ。

    正反対の位置にいる同志なのに、
    お互いを引き立てあう。

    似たもの同志が集まって安心しきっているよりも、
    よっぽど夢がある。

    けど...
    我が強すぎては、
    ぶつかり合うという感じでしょうか。

    きょうも見て下さって、ありがとう。
    see you❤

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 0 trackback 0
    08.14
    Mon
    最近、眼が疲れているなぁと思って、
    視力も落ちてきているような気がするし、
    これはとてもよろしくないので、
    視力回復の助けになるようなアプリはないかと探していたんですよ。

    ひとつ良さげなのを見つけて、いまトレーニング中です。
    この件については、飛躍的な効果が感じられたら書いてみようと思いますが、
    こんかいは、その時に一緒に見つけたアプリ「r.color」について書いてみます。

    デザイナーさんは、とても色にシビアだと思うのだけど、
    写真を撮る人にとっても、色を見る眼はとても大事だよね。
    この「r.color」では、iPhone版では7つ、Android版では6つのゲームで、
    色を見る力を高めることが出来そうですよ。

     
     MATCHING:文字と同じ色を当てる
     WHEEL:正しい色相環を作る
     GRADATION:正しいグラデーションを作る
     COMPLEMENT:文字の色に対する補色を当てる
     BRIGHTNESS:上から明度の順番に並び替える
     VARIANCE(iPhone版のみ):写真に対する明度、
                    彩度の加工を見極める
     SCHEMES:イラストで使われている色を当てる

     iPhoneなので7つのゲームが出来るはずなのだけど、
     まだ6つしかロックを解除出来ていません。
     GRADATIONか、VARIANCE、SCHEMESあたりの
     得点を上げると、解除出来るかもしれません。
     最後に残ったCOMPLEMENT、一番やってみたかった
     かも。





    rcolor 1 rcolor 2

    左側はMATCHING。
    円やテキストの色と同じ色を上に並んだ色から選ぶゲーム。
    時間が経つにつれて中央の円が上の5色に近づくぐらい大きくなり、
    そうするととても分かりやすいのだけど、
    高得点を出すには早さと正確さが必要なので、そこまで待ってはいられません。
    右側はWHEEL。
    色相環の色の抜けている所に、
    下に並んだ色から当てはまる色を選んでいくゲーム。

    rcolor 3 rcolor 4

    左側はGRADATION。
    一番上と一番下の色は固定、その他の色を移動させて、
    正しいグラデーションを作るゲーム。
    割りと好きだけど、入れたい所に入れたい色がスムーズに入ってくれなくて、
    早さが稼げないわたし。
    右側はBRIGHTNESS。
    明るい順に並べ替えるゲーム。わたしはこれが、苦手です ( ̄▽ ̄;)

    rcolor6.png rcolor 5

    左側はVARIANCE。
    自前の写真を1枚選び、
    その写真にどんな加工(明暗、彩度)がされたかを選ぶゲーム。
    最初は割と簡単なんだけど、
    そのうち合わせ技が出てきて、結構難しい。
    右側はSCHEMES。
    イラストに使われている色を上に並んだ色から選ぶゲーム。
    これも苦手です ( ̄▽ ̄;)

    どのゲームも、
    だんだん難しくなっていきます。
    ポイントは...
    早さも必要だということ。
    のんびり屋じゃ、だめなの? ( ̄▽ ̄;)

    VARIANCEは、写真が好きな人ならはまるんじゃないかなー。
    やってみて!

    最後まで読んで下さって、ありがとう。
    see you❤

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 0 trackback 0
    08.10
    Thu

    まず最初にお詫びです。
    今回はChromeでひらがなが打てなくなる件。②について書くと
    予告させていただいたのだけど、
    すみません、次回に持ち越して、
    今回はカメラアプリについて書いていこうと思います。

    実は、このカメラアプリについてもう少しで書き終わり、
    次にChromeでひらがなが打てなくなる件。②について書こうとした所で、
    編集画面が真っ白になってしまいました。
    高機能テキストエディタに替えようとした所でした。
    このタイミングで真っ白になる事が今までも何度かありました。
    お願いしますよ、FC2さん!

    気を持ち直して...
    きょうの画像、タイトルは「ちっちゃな落し物。
    iPhone写真です。
    前回の記事で、乞うご期待! なんて宣言してしまいましたが、
    期待外れだったでしょうか? 

    iPhoneカメラなんですが、勝手に連写しちゃいますよね。
    連写しないように設定する事は出来ないようなので諦めて、
    連写をしないカメラアプリを探しました。
    それで入れたのがStageCameraHDです。
    これが、なかなかいいのですよ。

    わたしは連写したくないので、連写撮影モードをOFFにしていますが、
    連写したい時はONに設定する事も出来ます。

    撮影前に露出の設定が出来るのだけど、
    それを使わなくても、いつも、いい感じで撮影してくれます。
    ハイキーとかローキーで撮影したい時に使うぐらいですかね。

    色については、多少色被りしているなと感じることはあるけれど、
    見るからにこれはひどいと思うようなものは一枚も撮れたことはありません。
    こんかいの画像ですが、
    彩度(自然な彩度)は少し調整量が大きめでしたが、
    レベル補正の調整量はそれほど大きくはありません。

    本体のサイレントスイッチをONにする事で、無音でシャッターを切る事も出来ます。
    グリッドを表示する事が出来るのも便利ですし、
    動画撮影時には手振れ補正も使えます。

    写真撮影は5倍、動画撮影は7倍のズームが出来るそうです。
    なるべく画質を落とさないでズーム出来るそうです。
    わたしはズームしないので、これについては実感出来ていませんが。

    撮影出来るサイズは7サイズ。
    最大の4032×3024とその下の2つのサイズは有料なので選択出来なかったのですが、
    いまとなれば、選択出来なくてよかった。
    わたしは1920×1080 Full screen で撮影しています。

    一眼では殆ど90mmの単焦点しか使わないので、
    この画角がとても新鮮で、大のお気に入りなのです。
    50mmや24mmを使うことも稀にあります。
    ありますけど...
    この細長の画角、これがいいのです。

    こんかいの写真、
    一眼を持っていても、きっと撮影したと思う被写体だけれど、
    その切り取り方は、全然違ったものになる。
    奥行を感じさせてくれるこの画角が、
    ちっちゃな忘れ物の後ろに、
    いろんなドラマを想像させる風景を映し出してくれると思うのです。

    この画角で写真が撮れる一眼はあるのでしょうかね?
    気になる、気になる。

    長々と書いてきましたが、何が言いたいかって...
    この画角が大好き!
    というひと言なんです。

    いろいろ写真を見て回っていると、
    どんな写真に自分のこころが振れるかで、
    ほんとは、どんな写真が撮りたいのかが良く分かる。

    最後まで読んで下さって、ありがとう。
    see you❤

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 0 trackback 0
    back-to-top