06.03
    Sun
    IMG_0736-2.png


    5月10日の日に、
    造園屋さんが来ていて雑草が刈られてしまうので
    暫く撮るものはないなぁと書いた川沿いの土手に行ってみました。

    一ヶ月弱経過して、
    その姿に感動。

    シロツメクサにアカツメクサ、ネジバナとか
    名前の分からない雑草の花も予想以上にたくさん咲いていました。

    根っこは残っていたはずで、
    いま花を咲かせなかったら、
    子孫を残せないとばかりに、
    ぐんぐん伸びて花を咲かせた。

    強いな。

    ***

    さて、きょうの画像のテキスト、
    ほんとは違う写真に載せてとても気に入って、
    FC2にアップロードする所まできたのだけど、
    そこで立ち止まってしまった。

    やっぱり出来なかった。

    遠目に撮影したとはいえ、
    F2.8で撮影していて
    その人物の側には土手しかなくて、
    景色を撮ってたまたま写り込んだようには見えず...

    狙って撮ったんだから当たり前だけど。

    後ろ姿だし、辱めるような記事を書くつもりもなく、
    いいかな、どうかな、
    レタッチしている時から天使と悪魔の問答が続いて、
    とうとう天使が勝ってしまった。

    ご高齢のおばぁちゃまが犬を連れてお散歩していたの。

    犬もね、ご高齢なのか、
    かなり太めのわんちゃんだったけど、
    ヨタヨタ歩いては休んで、歩いては休んで、
    おばあちゃまはそんなわんちゃんに合わせて歩いていたのだけど、
    おばあちゃまもご高齢、
    疲れたのか途中土手の階段の所でしばらく休んでいました。

    もっと微笑ましかったのは、
    歩きながらね、なんだか空が気になるらしくしょっちゅう見上げていたけれど、
    (多分飛行機かな、わたしは確認しなかったけど)
    空を指差しながら、わんちゃんに何か話しかけているのが
    まるでお孫さんに話しかけているようでほのぼのしました。

    「あなたと一緒で倍楽しい。」でしょ。

    空音。も写真を撮ったり休憩をしたりしながら、
    このおばぁちゃまと抜いたり、抜かれたりしながら、
    ずっと付かず離れずで土手を歩ききりました。

    こんど出会ったら、
    写真を撮らせてもらえるよう話してみようか。
    いや、仲良くなるのが先かな。

    でも、写真を撮られると知ったら構えちゃうよね。
    ほんとは、
    知らない間に自然な感じで撮りたいけど、しょうがないね。


    それで、
    おばぁちゃまの写真が使えなくて急遽選んだのが、
    二台の自転車の写真。

    中高生ぐらいの男の子と女の子の自転車。

    土手の階段にぴったり並んで座って、
    お話ししていました。

    「あなたと一緒で倍楽しい。」


    きょうも、ありがとう。
    see you❤



    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.

    comment 0 trackback 0
    09.11
    Sun


    湿疹の飲み薬が切れて飲まなくなったと同時ぐらいに、
    膝の筋の痛みがひどくなりました。
    (何か関係があるのだろうか... 気になるので整形外科の先生に聞いてみようと思う。)
    しゃがんだり、膝をついて立ち上がるのが、
    痛くてとても困難です。
    右ふくらはぎをかばって右膝の筋が痛くなり、
    右膝の筋をかばっているうちに、
    今度は、腰や左足を痛めそうな勢いです。
    右足を曲げると筋が引っ張られるような違和感があり、
    自転車を漕ぐのも怖い。
    曲げた時が一番筋が伸びると教わったので、
    家では曲げないように気を付けているけれど、
    自転車に毎日乗っていたら、永久に治らないような気がしてきた。
    膝が曲げられなくなったら...
    撮りたい写真を諦めなければならなくなるかもしれない。
    このまま何もせずその状態になるのは悔しいので、
    真面目に整形外科に通おうと思います。
    リハビリ... 毎日行こうかと...
    先生に相談してみて、
    自転車より歩く方がいいと言われたら、
    (痛いのでのんびり歩いて)往復1時間30分ぐらいは歩くことになる。
    簡単には治らないような気がしています。

    これは、修行ですね。
    はい、修行です。

    眼の前に、光が見えたら、もどってきます。
    もどらなかった時は、
    どうにかして自分の気持ちにケリをつけて、
    膝を曲げなくても撮れる写真を撮り、
    どっかで、またブログを書いてるかもしれません。
    またお逢い出来たら、
    きっと... 運命ですね。


    back number 「クリスマスソング」 - Lefty Hand Cream (cover)
    https://www.youtube.com/watch?v=yBCbjFM7mzg

    歌詞
    http://www.uta-net.com/song/195484/


    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    最後になるかもしれないので、ご挨拶させてください。
    なんか...
    いつも、こんな、しょーもないブログを見にきて下さって、
    ほんとに、ありがとうございました。
    アクセス解析をされている方はたくさんいらっしゃると思いますが、
    わたしも外部のアクセス解析を使用していまして、
    どのページがよく見られているとか、
    写真を見て下さる方、
    記事を読んで下さる方、
    ランキング応援して下さる方、
    全てとはいえませんが、だいたいは把握させていただいていたと思います。
    いつもありがたく感じておりました。
    ブログはあちこち転々といくつも書いてきましたが、
    いまだに、自分らしさなど分からずに、
    迷いっぱなしで、
    自分で自分を苦しめたり、傷つけたり。
    右足に不自由を感じる今、
    なんか... 変わりなさいってことなのかな。
    と、思ったり、思わなかったり。
    どちらにしても、
    きょうまで続けてこれたのは、
    見ていて下さった方のお陰と思います。
    ありがとうございました。
    あなたのブログ、勝手にPR。では、
    まだまだ、ご紹介したいブログがたくさんあったので、とても残念です。
    (ほとんどPRの役目を果たせていませんでしたが ( ̄▽ ̄;))
    運よくここに戻ってこれた時には、
    また、ご紹介させて下さい。
    Thanks to encounter. I will see you again somewhere.
    希望的観測にて。

    保存

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.

    comment 4 trackback 0
    09.08
    Thu


    外国人観光客の皆さんが萌える電信柱。

    東京オリンピックまでに
    東京の電線の地中化は進むのでしょうかね。

    写真を撮っていると、
    邪魔だなー。と思うことも確かにあるけれど、
    どうしても無くして欲しいかといえば、
    別に、どちらでもいいけどね。

    ここは日本。
    メリットもデメリットもあるだろうけど、
    どっかの国と比較してどうのこうのではなくて、
    この国を見て、この国に住む人々の生活を見て、
    進めてほしいなと思います。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    「営業部長 吉良奈津子」、8話まできましたねー。
    営業開発部内はいい感じになってきました。
    一条もきっとね。

    それでですね...
    なんじゃそりゃー! と思ったのが、
    この重要な時に、高木CDがニューヨークに行ってしまうという...
    ニューヨーク行きよりも吉良奈津子との仕事を選ぶのではないか、
    選んでほしいと、願ったけれど、無理でした。
    えーっ、このまま高木CDの出番はなくなるの?
    これが一番心配でした。
    でも、8話最後の方で高木CDからの電話。
    ニューヨークから帰ってきたら話しがあります。
    ってさぁ... なんだろねぇ... わくわくしちゃう。
    営業開発部がCity Drinkのコンペに勝ち、
    その仕事のパートナーとしてやっていきたい。という話しか、
    (高木CDは、吉良奈津子がこのコンペを勝ち抜くと確信しているところがミソなのよ (✿ ◕ ‿  ◕ ) うふっ❤)
    あるいは、人生のパートナーとして? っていうのもありかな?
    わたし的には後者の展開になったらうれしいけれど、
    きっと、前者だと思うなー。

    てか...
    情けない旦那... 母親にも情けない呼ばわりされてるし。
    しかし... 気づくの遅いよ、おっかさん。
    あなたが息子の情けなさにもっと早く気づいていたら、
    こんな事にはならなかったよね。
    てか、あなたがお嫁さんを追い詰めたんだよ。
    でも、まぁ... 気づいて、お嫁さんに謝ることが出来てよかったね。

    あとは、情けない旦那だけど、
    ばかだよねー。
    その気がないなら、逢うなっちゅうの!
    そんなにいい人でいたいのかな。
    妻とやり直したい。なんて言うぐらいなら、
    傷つけてでも、シッターには逢わないのが、
    シッターに対するやさしさだと思うな。
    結局、自分のことしか考えてないんだな。

    きょうも、ありがとう❤
    またね♬

    コメントのお返事は遅れます。
    ごめんなさいね ( ̄▽ ̄;)

    保存保存
    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.

    comment 0 trackback 0
    back-to-top