07.01
    Fri


    車庫へ入るために、
    この自転車は、花道を通っていく。

    ピンク系のお花はランタナだと思います。
    オレンジのお花は... 何かな?

    右側のフェンスも、
    お花でいっぱいになったら、いいのにな。
    と思うの。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    わたしが入社したての頃、
    一緒に仕事をしていた社員が、溜息をつきました。

    「溜息をつくと、幸せが逃げていくよ」

    希望に満ちていたわたしは、そう言いました。

    きょう、入社して数か月の新人さんが
    溜息をつきました。

    「つかれたの?」
    と聞いたら、
    「つかれてはいないけど、つきたくなった」
    と答えました。

    わたしは、
    「わかる、わかる」
    とは言わなかったけど、
    こころの中で
    同意しました。

    耐えるしかない、
    抗うことは出来ない、
    そう思っての
    溜息なのだと思います。

    わたしは、
    いつ、
    どこに、
    希望を忘れてきてしまったのだろう。

    それでも...
    わたしにとって、仕事が全てではないから、
    それ以外の部分に
    わたしは、
    懸命に希望を探す。

    仕事帰りに、自転車のペダルを踏みながら、
    人生終わったなぁ。
    なんて疲れきっているけれど、

    わたしのこころは、
    死んだりしない。


    保存
    保存保存保存
    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
    下のバナーをぽちっと応援お願いします ヾ(╹◡╹❀)ノ゙
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 2 trackback 0
    06.23
    Thu


    きょうで「菖蒲園、菖蒲撮らずに何撮った?」シリーズ完結の予定でした。
    さっきまで書いてました。
    書いていたのだけれど、突然書いた内容が消えました。
    (高機能テキストエディタに変えようとして消えました)
    記事の下書き保存をする設定にしているので確認してみると、
    画像は保存されていたけど、肝心の記事が1文字も残っていない。
    くそぅ! FC2のやろー!
    って... 言葉が悪いけど、言いたくなる ( ̄▽ ̄;)

    もう少しという所まで書いた後だったので、
    なんか... ぷち落胆。
    きょうはもう書けない... あしたにします。

    きょうの画像は、雨降りだったきょう撮りたてほやほやの一枚。
    傘をさして撮るのだからじっくりは撮れないと思って、
    広角レンズでノーファインダーで撮影するつもりでした。
    テーマは「雨の日」
    だけど、わたしが出かける頃はもう止んでいて、
    途中降ったけど、ぽつぽつぐらいの雨で、期待していた光景は見つかりませんでした。

    上の画像も、道路は濡れているのだけれど、
    しっとり感が伝わるかどうか... 

    一週間分の写真を撮る予定でしたが、
    無理でした ( ̄▽ ̄;)
    日曜日に期待♬

    また、あしたねー ヾ(╹◡╹❀)ノ゙


    保存

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
    下のバナーをぽちっと応援お願いします ヾ(╹◡╹❀)ノ゙
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 0 trackback 0
    06.02
    Thu


    ことしの梅雨入りは、なんだか、とっても... のんびりですね。
    過ごしやすい日が続いています。
    若葉の萌える季節。

    やっぱり、この季節が好きです。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    数日前から、インディージョーンズを観ています。
    いまは「最後の聖戦」を観ながら。
    久し振りに観たけれど、やっぱ引き込まれますね。
    てか... こんな、笑える映画だっけ? てな感じで (✿→艸←)

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    今晩放送の「アンビリバボー」をご覧になられた方はいらっしゃいますでしょうか?

    96歳、現役の女医さんのお話しです。
    とてもかわいらしいおばぁちゃまでした。

    簡単に書きますと...
    戦時中に出逢い、恋をし、結婚の約束をした男性が戦地に赴くことになり、
    離れ離れに。

    男性は、戦地からプロボーズの手紙を送り、結婚の日取りが決まったにもかかわらず
    その日を待つ事なく戦死。

    その後どうしたかというと...
    お葬式の日に、遺影と結婚式を挙げたのです。
    そして、その後もずっと、愛した人の姓を名乗り
    愛した人が残したものを大事に生活されてきたようです。

    戦死するまでは、待っていたと思うのです。
    帰ってくるのを、待っていたと思います。

    でも...
    戦死した後は、

    もっと近くに、共にいるのだと思いました。

    笑顔が物語っていました。

    某作家が描いた純愛なんて、純愛なんかじゃない。
    わたしは、そう思います。

    出征前に残した歌だそうです。

    「ときわ木の 変わることなき みどりこそ
    出で行くわれの 心とぞ知れ」

    あなたへの気持ちは決して色あせない。

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
    下のバナーをぽちっと応援お願いします ヾ(╹◡╹❀)ノ゙
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 0 trackback 0
    back-to-top