10.21
    Wed
    ローキー。


    今回は、ローキーについてです。

    ローキーとは、適正露出よりも明るさをマイナス(お好みで)して撮影することで、ハイキーの反対です。
    適正露出よりも重厚感が出ますね。

    ローキーは、明暗差のあるシーンを選ばないとただ暗いだけの写真になるので、これまた被写体を選んで、ねらってローキーで撮りたいところですね。

    ここでは、いつもの通り、Elementsでローキーを実現するためのレタッチの仕方についてお話します。

    1. レイヤーパネルの新規調整レイヤーからレベル補正を開く。

    スクショ1 中間調の△スライダーを右に動かして暗くします。
     次に、シャドウ側の▲スライダーを右に動かして重
     みを出します。
     ハイライトの△スライダーを左に動かして、明るい
     部分に輝きを出します。



    2. レイヤーパネルの新規調整レイヤーから色相・彩度を開く。
      必要に応じて彩度を調整します。



    適正 こちらは、適正にレタッチしたも
     のです。




    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 0
    back-to-top