10.17
    Sat
    クロスプロセス。


    ロモ風。でも出てきたクロスプロセスとは一体なんでしょう?

    写真フィルムの現像時に、ポジフィルムをネガフィルム用の現像液で、ネガフィルムをポジフィルム用の現像液で処理する現像テクニックをクロスプロセスといいます。

    クロスプロセスは、フィルムの種類によって強く出る色合いが違ってきます。
    仕上がりが予測不能である事がクロスプロセスをより楽しくしていると思われます。

    そんなクロスプロセスをElementsで実現させるのがロモ風加工です。
    ガイド付き編集機能を使いロモカメラ効果をかければ、細かい調整が出来ないわけですから、それは予測不能の結果だと思います。
    なので、気に入らない結果が出る事もあるわけですが、フィルムでそれを楽しむようにデジタルでも楽しめるならそれでいいのですが、好きな色合いがある場合、デジタルだとそれに近づけたくなりはしないでしょうか?

    そんな時は、ロモカメラ効果に頼らずに、レベル補正で作り出してみましょう。


    元 元画像です。



    1 レベル補正レッド・グリーン・ブルーそれぞれのチャ
     ンネルで、シャドウ側▲を右側に、ハイライト側△を
     左側に、適当に動かして調整するだけです。
     



    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 0
    back-to-top