08.30
    Wed
    ジオラマ風。2
    ジオラマ風。2 posted by (C)空音。


    イタリア、ローマ近郊の
    VALMONTONEにある遊園地 RAINBOW MAGICLAND
    ジオラマ風に加工してみました。

    2011年オープンで、
    ジェットコースターやフリーフォール、ウォーターコースターなど、
    一通り揃っているそうです。
    イタリアに遊園地、ちょっと意外でした。

    こういう絶叫系の乗り物には、もう乗れなくなってしまいました。
    怖いから ( ̄▽ ̄;)
    フリーフォールも無理。
    やっぱ... コーヒーカップですね (✿→艸←)

    加工方法は ソポトの街をジオラマ風で。
    Elementsでジオラマ風。
    を参照してください。
    元写真はいつもの通り、↓ フリーの素材屋さんからお借りしました。

    ジオラマ風。2元画像

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    さいきん、プチショックなことがありました。
    最寄の駅のすぐ近くにあった本屋さんが、
    なくなっていることに気づいたんですよ。
    なくなる事を知らずにいて、
    なくなって初めて気づきました。
    だから、プチショックでした。

    毎月必ず読む雑誌もないし、
    新刊を買うこともめっきり少なくなったけど...
    でもさ、
    ふらっと本屋に入って、
    何かいい本ないかなーって、
    探すのも楽しいんだよね。

    まだ駅近に小さ目の本屋さんと、
    あと、大型スーパーの中にも入っているけれど、
    いつなくなってもおかしくないのかな。

    読みたい本が決まっているなら、
    ネットで買っちゃったりするからね。
    そうやって、
    本屋さんの首を絞めてしまいましたね。
    本屋さんにとっても、きびしー世の中ですね。

    そのうち、GEOもなくなってしまうんだろうなと思ってる。

    ネットで事足りてしまうのは、
    便利だとは思うけど、
    でも、
    そんなに消費者を甘やかさなくてもいいのにと思っちゃう。

    さびしーもんだ。

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 0 trackback 0
    08.23
    Wed
    ジオラマ風。
    ジオラマ風。 posted by (C)空音。


    今回は、ジオラマ風に加工してみました。
    元画像はいつも通り、フリーの素材屋さんからお借りしました、↓ の画像です。


    ジオラマ風元画像


    ポーランドのバルト海沿岸のリゾート地、ソポトの街です。
    メインストリートには、
    「Krzywy Domek」(ねじれた家)と呼ばれる、
    ぐにゃ~とねじれた建物が建っているそうです。
    写ってるかな?

    ジオラマ風については、
    以前 → Elementsでジオラマ風。で書いているので省略します。

    で、その中でティルトシフトレンズについて触れているのですが、
    Photoshopにはぼかしギャラリーなどというものがあって、
    その中にチルトシフトがあったので、今回はそれでぼかしてみました。
    でもその前に...
    ご覧になって分かる通り、かなり強く彩度を上げています。
    これぐらい上げた方が、なんか、ジオラマっぽいでしょ?

    いくつか作ってみて、もう1枚、見ていただきたいのが出来たので、
    近い将来に、UPしますね。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

    ほんとはきのう付けでUPしたかったのだけど、
    加工が終わってフォト像にアップロードしようと思って行ってみたら、
    メンテナンス中だったのよ。
    18:35〜19:35の予定で始められたメンテナンスは、
    わたしが確認した時にはもう終了予定時刻を過ぎていました。(21:30)
    もうきょうは無理かもなと思って、
    最後にも一度... と思って見てみたら、終わってた。(11:30)
    フォト像にしては、早かったな (✿→艸←)

    大きいサイズでも加工出来るようになりたくて、
    取り敢えずは、長辺1500pxで作り始めたけれど、
    そのままのサイズで表示させるのは無理があるし、
    かといって、FC2にアップロードしてサムネイル表示させるのも嫌なんだよね。
    フォト像は、元サイズより小さく表示させても綺麗だから、
    面倒だけど、フォト像を経由してます。

    フォト像も、いろいろ大変なんだろうなぁ ( ̄▽ ̄;)

    きょうも、どうでもいい話しにお付き合いいただき、ありがとう。
    see you❤

    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 0 trackback 0
    10.11
    Sun
    ジオラマ風。


    今回はジオラマ風(ミニチュア風)についてです。

    どこかで一度は眼にした事があるのではないかと思います。
    無料の加工サイトやスマフォのアプリなどでジオラマ風加工を楽しんでいる方もたくさんいらっしゃると思います。
    そう、わたしは、ジオラマ風といえば、写真を加工して作り出すものと思っていました。
    でも、それは大きな間違いでした。

    ティルトシフトレンズというレンズがあります。

    レンズを水平方向・垂直方向に移動させることで、アオリ撮影を可能にするレンズです。
    高い建物などを近くから撮影すると歪みが生じますが、このティルトシフトレンズを使うと、その歪みを補正して撮影する事が出来ます。
    レンズ面を傾ける事によって、ピントの合う範囲をコントロールする事が可能になり、それによって加工したかのような写真が撮れたり、レンズ面をシフトさせることで、構図を変えずに窓ガラスや鏡の映り込みを避けて撮影する事も出来ます。

    このティルトシフトレンズを使うと撮れるのですが、ここではいつものように、Elementsを使ってジオラマ風に加工してみます。


    1. レベル補正・アンシャープマスクで調整。

    2. 彩度調整。

    3. パークトレインの周辺をぼかす。

    4. パークトレインをよりシャープに強調する。


    これだけです。
    シャープ、明るさ・コントラスト、彩度の調整などが出来、ぼかしがかけられるソフトならフリーソフトでも加工出来ます。

    写真は、俯瞰で遠目に撮影した方がジオラマっぽくなりやすいです。
    そして、彩度は思いきり上げる。



    スポンサーリンク

    最後まで読んで下さってありがとう。Thank you in the future.
     にほんブログ村 写真ブログ フォトレタッチ・写真加工へ

    comment 0
    back-to-top